空知を巡るバスツアー開催

ブラインド&アシスト楽しく大人の社会見学

 10月13日は、本州で猛威を振るった台風19号の予想進路が、北海道の東に大きくそれ、大人の遠足の目的地である空知地方は、太陽の陽射しを受けて、北広島社会福祉協議会からバスをお借りして「第1回バスツアー・大人の社会見学」を予定通り開催することができました。
 参加者は視覚障害のほかにも、聴覚、精神などの障害がある方も参加され、見えても、見えなくても、聞こえても、聞こえなくても、みんな一緒に楽しむことができたイベントになりました。
 ツアー内容は、「大人の」とサブタイトルを付けて、岩見沢市の宝水ワイナリーと栗山町の小林酒造の2カ所の醸造所を、ガイド付きワインと日本酒の試飲付きで見学し、たくさんの美味しいワインと日酒を購入している方も大勢いました。
 このほか美唄市と栗山町では農産物や加工食品などの特産物を扱う物産展にも寄り、たくさんのお土産を抱えている人も。
 お楽しみの一つ昼食は、美唄市のアルテピアッツア美唄の芝生の上で、美唄名物の「美唄やきとり」と「とりめし」、袋に入ったまま食べる「やきそば」の美味しい茶色食品3品目に舌鼓。
 さらに、美唄市で「めねっと北広島」を応援してくれている方からビールと茶色い「くるみ餅」の差し入れも届けられるサプライズもあり、ほろ酔いで満腹になりました。
 そして移動するバスの中では、めねっと北広島の名司会者である大場氏がガイドとなり、参加者全員の一人数分程度の自己紹介が終わった後、大場氏自身の自己紹介は3部構成で、バス移動の時間の大部分を使い、自身の幼少期からこれまでの半生を楽しく語り、バスの中は終始、爆笑の渦に巻き込まれていました。
 前日まで日本を台風が縦断して、大きな被害が出ている中での開催となりましたが、この日のような我々の笑顔が、悲しんでいる方々に時間を掛けてでも届けられたら、ほんの少しかも知れませんが、力になることができるのではないかと思っています。
 たくさんの笑顔は、さらに多くの人たちの 笑顔になると 信じています。
 これからも、めねっと北広島は、楽しい企画を考えて、我々が楽しんでいる姿をたくさん発信していきます。

(副会長ヤマカン)

写真は2枚。1枚目はアルテピアッツアビア美唄でランチを楽しんでいる様子。2枚目は、宝水ワイナリーで社長のお話を聞いている様子。

アルテでのランチ
アルテでのランチ
宝水ワイナリー見学
宝水ワイナリー見学

めねっと新聞第二号より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。